FC2ブログ

Day.7 『糖質制限崩壊』

2019.03.09 22:24|Road to Tokyo Marathon 2020
ツイッターの方でこっそり糖質制限をはじめていましたが、
ひっそりと玉砕しました。
大阪マラソン前の11月の時は大成功だったのになぁ~
そんなに我慢とかした覚えはなくてとにかく糖質だけ抑えてたら
みるみるうちに身体が絞られていって…
そういえばあの時は栄養計算も体重測定もしてなくて、
ダメもとで何かやってみようという感じでした。
大阪マラソンという一大イベントを前にしてモチベーションも高かったかな。

つくづくプレッシャーに弱いというか何というか…
頑張ろうと思って頑張れないのはしょうがないとして
なんとなく痩せてたみたいな感じでゆる~く持っていくしかないのかな~
スポンサーサイト



Day.6 『毎日更新』

2019.03.08 22:05|Road to Tokyo Marathon 2020
特に明言はしていませんでしたけどこれは何としてもやっていきたいです。
タイトルのカウントも自分へのプレッシャーを込めてのものです。
今のところたぶん誰も見ている人はいないと思うけど、継続は力なり。
365日連続更新。
これを実行することできっと何かしら得るものはあると思います。
熱心にブログ更新をしていた10年前と比べても格段にそのハードルは下がっています。
PCを開かずともスマホでちゃちゃっとある程度のボリュームの記事は書けますし。
そう、こんな手抜きの記事ならね(笑)

Day.5 『1年の予定』

2019.03.07 21:32|Road to Tokyo Marathon 2020
4月 津山加茂郷フルマラソン全国大会 フル
9月 ぶどうの里ふれあいマラソン 20km
10月 蒜山高原マラソン全国大会 ハーフ
11月 おかやまマラソン フル
12月 大阪マラソン フル
2月 愛媛マラソン フル
3月 東京マラソン フル

ざっとこんなものでしょうか?
この中で実は確実に走れると決まっていないのがおかやま、大阪、愛媛の3大会。

おかやまマラソンの抽選倍率は例年2倍ちょっと。
運よく4年連続当選していますが、そろそろ危ないんじゃないかな…

大阪マラソンは通常の倍率は5倍以上の難関。
でも市民アスリート枠というのがあり、昨年はそれで出場できました。
とはいえ先着順のためエントリー当日はいわゆる『クリック合戦』
昨年も何度もサイトにつながらず、肝を冷やしながらエントリーにこぎつけました。
新コース1年目となる今年はより激しい競争が予想されます。
何とか潜り抜けて東京マラソンに勝るとも決して劣らないお祭りにまた参戦したいです。

愛媛マラソンもおかやまマラソン同様2倍以上の抽選倍率の人気大会です。
しかし異なるのがアスリートエントリー枠が設けられていること。
こちらは大阪マラソンほどの競争にはならないのでほぼ確実に出場できるでしょう。
故郷の最も大きな大会に毎年ほぼフリーパスで出場できるのはありがたいです。
そしてなぜか愛媛とは縁もゆかりもないあの高橋尚子さんが例年コース上に出現します(笑)
噂によると9割以上?のランナーとハイタッチしてくださっているとか。
今年も無事に35km過ぎのきつい上り坂の前でパワーをもらいました。
張り切りすぎて坂を上り終えたら右ふくらはぎが痙攣してしまいましたが(笑)

なんにせよ、秋から冬にかけて2~3本のフルを経て東京へ。
今のところ最も良いイメージを持っている流れです。




Day.4 『フルマラソン、1kg痩せると3分速くなる』

2019.03.06 23:21|Road to Tokyo Marathon 2020
という都市伝説は昔からよく目にしてきました。
確か10年以上前からまことしやかにランナーの間で囁かれていたようないなかったような。

例えば、昨年の大阪マラソン。
タイムは2時間42分50秒で、体重は69.8kg。
5kg痩せたら、5×3分で15分短縮できる。
そうすると体重を65kg以下に落とせば2時間27分50秒ということになります。
やったね!夢の2時間30分切り(笑)

でも思いついてからさらっとネットで調べたら様々に科学的に(?)検証されているみたいで。
意外とあり得ない話ではないかもしれないです。

まぁ、そうでなくともマラソンやる人間にしては明らかに僕は体格良すぎなんですよね。
学生時代バスケやってて成長期に無理やり食べてでも身体を大きくしようとしてたから。
小学5年生の頃のミニバスの集合写真の僕は細身で何とも頼りない華奢な感じなのですが。
今ではその頃が切実にうらやましい。
そのまま成長してればよかったのに…。

まぁ大きくなっちゃったのはしょうがないとして
たくましい骨格はどうにもならないにしても、
65kg以下というのは減量でどうにかならないほどではないと思います。
1年後は何とか65kg以下でレース当日を迎えたいものです。

Day.3 『みんなのピース』

2019.03.05 22:09|Road to Tokyo Marathon 2020
昨日の記事の手書きレポで最も気になったワード「みんなのピース」
思い返すとスタート前にひたすら聞いてた曲でした。
天元突破グレンラガンというアニメのエンディング曲です。
当時仲良かった子に勧められてハマってレンタルDVDを夢中で鑑賞してました。
「俺が信じるお前を信じろ!」
弱気な主人公の兄貴分が度々投げかける熱いセリフ。
サブスリーという憧れの領域に自分が足を踏み入れることができるのか?
不安を抱く自分を主人公と重ねあわせていたのかな?

今の僕にとって、東京マラソンでの現実的な目標は2時間40分を切ることだと思います。
でも、本当は、2時間30分を切りたい。
しかしろくに陸上競技経験もない僕が、
実業団の女子選手でも限られた方しか踏み入れられない領域へ行けるのか?
とても現実的には考えられません。
だから1日目の記事にもそういった具体的なタイムの目標は書けませんでした。

自己ベストから12分の短縮はこのレベルではとてつもなく重い。
けれど、せっかくの12年ぶりの東京マラソン。

この曲を歌うアフロマニアというバンドは10年前に解散しているそうです。
僕自身も当時一時的にハマっていたものの、その後何年もこの曲を聴いてませんでした。
何年かぶりに聴く、陽気で明るい曲調の中にも、確かにこもった熱いメッセージ。
気が付けばリピート再生が止まりません。

だからカッコつけないで もっと自分を信じて
| 2019.09 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

そらきち

Author:そらきち
フルPB 2時間41分57秒
ハーフPB 1時間18分45秒
10kmPB 38分22秒

twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ